お米ができるまで

はじめに

どうやってお米ができて、私たちのもとに届くの?
種まきからおうちに届くまでの農家・JAの活動をご紹介します。

農作業カレンダー

お米は1年をかけてじっくり育てられます。まずはどうやってお米ができるのかを知ろう。

3月

  • 塩水に種もみを入れて、しずむのがよい種もみ。
    ずっしり実のつまった重い種もみをえらぶ=塩水選(えんすいせん)
  • 水をたっぷりすわせて発芽(はつが)のウォーミングアップ。

4月

  • 育苗箱(いくびょうばこ)に種をまく。
  • 根やくきの丈夫な、ずんぐり型の苗を育てる。ひょろひょろ苗はだめ。
  • 田んぼにたい肥や肥料をあたえ、よくたがやし、酸素(さんそ)もたっぷりすわせてバランスのよい土をつくる。=田おこし
  • 田に水を引き、水の深さや水はけにムラが出ないように表面をならす。=しろかき

5月

  • 田植えをする。
  • 田植えの後すぐは、かよわい苗を風やさむさから守るため水をふかめに。
    9月上旬まで、こまめに水管理。

6月

  • 田の土をほぐし、雑草(ざっそう)をとる。
  • 水管理の効果を高められるよう、苗の間にみぞをつける。=溝切り(みぞきり)

7~8月

  • 苗の根をいためるためガスをぬき、酸素をとりいれるため1週間くらい田の土をかわかす。=中干し
  • 稲穂(いなほ)を育てるための肥料をあたえる。
  • 病害虫(びょうがいちゅう)を防ぐための農薬(のうやく)をまく。

9~10月

  • 田の水をぬく。
  • 稲の実りを見きわめ、計画的にかり取る。
  • もみを乾燥(かんそう)させ、もみがらを落として玄米(げんまい)にする。=もみすり
  • 玄米を袋につめ、保かんする。
  • 販売店(はんばいてん)などをつうじ、お米が消費者(しょうひしゃ)の手に入る。
  • 来年の種にするもみ(種もみ)をえらぶ。

11~2月

  • 土の成分(せいぶん)を調べたり、たりない養分(ようぶん)などをおぎなう。
ページトップへ