お米ができるまで

種をまく・出芽させる

  • 1.自動種まき機

    昔は田んぼの中に苗代(なわしろ)〔苗を育てる田〕をつくり、種をまいて育てていました。
    今は育苗箱(いくびょうばこ)と呼ばれる箱に土を入れて、ベルトコンベア式の自動種まき機であっという間に種まき完了。

  • 2.消毒(しょうどく)

    種をまいたあとは水をかけて消毒してから、うすく土をかぶせます。

種に水をすわせるワケ

種が芽を出すためには、たっぷりの水分と酸素(さんそ)、てきとうな温度(おんど)がひつよう。かわいた種の1.2倍ぐらいの重さになるまで水をすわせます。
種もみを1週間以上も水の中につけたり、温水器(おんすいき)で2日間あたためたりするのは、発芽(はつが)のためのウォーミングアップというわけです。

ページトップへ

苗を育てる

  • 1.育苗箱(いくびょうばこ)をならべる

    育苗箱を、昼間の気温(きおん)が20℃をこえるビニールハウスにならべます。
    田の面積(めんせき)10アールあたり、育苗箱およそ20箱の割合でじゅんびします。

  • 2.育てる

    田植え前の苗はまだ胚乳(はいにゅう)の養分(ようぶん)をもらっていて、人間でいえばおっぱいからはなれない赤ちゃん。ハウス内の温度(おんど)に気をつけ、ビニールをときどきあけて日光に当てながら少しずつ外の空気にならし、水や肥料(ひりょう)もあたえて、だいじに育てます。

  • 3.健康な苗に育つ

    青々と10cm以上に伸びた苗。じょうぶで健康な苗を育てれば、米作りの半分が成功したのと同じ、という意味の「苗半作」という言葉があるほど大切なポイントです。

よい苗、悪い苗

太くてずんぐりした苗がよい苗。ひょろりとした苗は悪い苗。田んぼを苗を育てていた頃、北の地方では寒さで苗の育ちが悪く、みのりにひびくことがよくありました。ビニールハウスで苗を育てるようになって、気温の心配はなくなりました。が、今度は寒さに弱い、伸びすぎたたよりない苗になってしまう心配が出てきました。人間も稲も、だいじにしすぎるのはいけませんね。

ページトップへ