【こまち】無料職業紹介所を開所2018年3月13日

 JAこまちでは、現在進行している「大規模園芸団地推進プロジェクト」の達成を視野に入れ、新たに行う「労働力確保対策」の一環として、経営体と地域住民を結ぶ登録制の農作業の無料紹介所を開設した。県内のJAではJAあきた白神に続く2例目となる。担い手層農家等が農作業の季節性に対応した補助労働力を効率的に確保できるよう、ハローワーク等の各関係機関と連携し、紹介事業を円滑に実施したいと考えている。
 紹介所は湯沢市北荒町の同JA本店農業推進対策課内に設置。求人する農家は管内の正組合員約8000人を対象とし、依頼作物や作業内容、賃金形態などを登録する。求職者は国内に在住していれば県内外を問わず対象とし申し込みを受ける。
 農家と求職者が賃金などの労働条件を相談した上でスムーズに雇用契約を結べるよう、事前にJAがマッチングを行い、希望条件に合うよう仲介や斡旋を行う。
 3月13日に開所式を行い、役職員らがテープカットをして開所を祝った。4月5日には組合員(求人者)向けの全体説明会を予定している。
 同JAの井上善蔵組合長は「同紹介所が地域と経営体を結ぶ大きな掛け橋となり、地域農業の活性化および農家の所得増大に貢献すると共に地域雇用促進に結び付くことを期待している」と話した。

 

テープカットで開所を祝う関係者

テープカットで開所を祝う関係者



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ