【秋田】新米初出荷セレモニーを実施2017年9月27日

 JA全農あきたは27日、2017年産の新米「あきたこまち」の初出荷セレモニーを秋田市のJA全農あきた精米センターで開いた。JAあきた湖東産、JA秋田みなみ産「あきたこまち」31㌧が県内の量販店などに向けて出発した。
 今年は6月の低温の影響もあり、例年より遅れての初出荷となったが、全農あきたは17年産米の出荷計画を13万㌧としている。
 全農あきた運営委員会の船木耕太郎会長は「6月の低温や7、8月の大雨など天候に苦労したが、良い品質のものができた。新米の『つや』や、あきたこまちの特徴である『粘り』を楽しんでほしい」と語った。

 

セレモニーでテープカットをする船木会長(中央)ら

セレモニーでテープカットをする船木会長(中央)ら



>>中央会ニュース一覧へ戻る

ページトップへ