【秋田ふるさと】「かまくら」で地域のおもてなし2017年2月15日

JA秋田ふるさと女性部雄物川支部は15日と16日の両日、横手市の「かまくらIn木戸五郎兵衛村2017」(主催:同実行委員会)に参加した。

同地域の婦人会会員らと30人で会場内に作られたかまくらの中で豆餅や甘酒を振る舞い、古民家苑では汁粉や漬物で訪れた観光客をもてなした。観光客の一人は「かまくらの中は暖かくて地域の人の温かさも感じた。来て良かった」と笑顔で話していた。

同行事は旧横手市の小正月行事「かまくら」を05年の市町村合併を機に同市雄物川地域のかやぶき民家を移築した古民家苑「木戸五郎兵衛村」でも実施しようと地域住民有志が始めたことがきっかけ。同支部部員が参加して4年目を迎えている。

地元の祭りで、観光客をかまくらのなかでもてなすJA秋田ふるさとの女性部員

地元の祭りで、観光客をかまくらのなかでもてなすJA秋田ふるさとの女性部員



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ