【秋田】福祉セミナーを開催2018年1月16日

 

 JA秋田中央会は1月16日、JA助けあい組織研修会「福祉セミナー」を秋田市で開いた。中央会職員による助けあい組織の情勢報告のほか、転倒・尿失禁予防に向けた「てんとうムシ体操・みつばち体操」を参加者で実践した。
 セミナーの最後には、JAふくしま未来の大塚悦子理事と地域支援部の菅野佐太克部長による講演を開催。菅野部長は管内各地区の助けあい組織の活動や、行政等と連携して活動を行う地域見守り活動を紹介した。また、大塚理事は旧JAそうま時代から続く、JA健康寿命100歳プロジェクトの取組経過と今後の活動目標を話した。

体操を実践する参加者

体操を実践する参加者



>>中央会ニュース一覧へ戻る

ページトップへ