【秋田】認知症サポーター養成講座を実施2021年2月28日

 JA秋田中央会は2月17日、職員全体会議・コンプライアンス研修会を開き、そのなかで全職員を対象に「認知症サポーター養成講座」を実施しました。

 JAの認知症対策としては、第30回秋田県JA大会において、職員の認知症サポーター養成に引き続き取り組み、安心して暮らせる地域社会づくりに貢献することを決議しています。

 講座には中央圏域認知症地域支援推進員の戸嶋紫織さんと沼田未来夢さんを講師に招き、認知症を正しく理解し少しでも手助けできるよう、認知症とはどういうものか、また、その症状や発症リスクを抑えるためのポイント、心構えや接し方などについて指導していただきました。

 

脳と体を同時に動かし認知症予防



>>中央会ニュース一覧へ戻る

ページトップへ