「手作りマスク」製作手順配布、新型感染症予防に役立てて2020年3月19日

  JA秋田しんせいは新型感染症対策として3月19日から、手作りマスクの作成手順を記載したチラシを全事業所で来店者に配布している。マスクが手に入りづらい状況を踏まえ、JAの生活担当職員が手作りマスクを作成。その手順とマスクの型紙をまとめたチラシを各事業所の窓口に設置し、職員が来店者に感染拡大防止を呼び掛ける。
 また、実際に製作した手作りマスクは窓口に展示及び職員が着用し、見本としてみられるようになっている。同JAは3月3日に、新型感染症の発症あるいは感染拡大未然防止に努め、臨時休校への対応などを迅速に行うために「JA秋田しんせい新型感染症等対策本部」を設置した。
 全事業所で手洗い・消毒の徹底に加え貼り紙での注意喚起、会議や出張の自粛などの対応を継続している。今後も感染症拡大を未然に防止するために慎重に対処を行う。

 

手作りマスクの作り方を記載したチラシ



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ