【あきた白神】「白神ねぎ」マスク完成2020年8月20日

 JAあきた白神と同JAねぎ部会は、「白神ねぎ」のマーク入りマスクを500枚作製し、ねぎ部会員160人の他、主要取引青果市場や行政機関など関係各所に配布した。「白神ねぎ」の知名度向上を図ることが目的。
 同マスクは6月29日に開いた「白神ねぎ20億円販売達成プロジェクトチーム会議」で制作することが決定したもの。布製マスクに「白神ねぎ」のシンボルマークと、キャッチフレーズの「しったげうめぇ」の文言が入っている。

 JA営農部では「生産者の方々には、コロナ禍において感染予防を行いながらも、白神ねぎの名をPRしてもらいたい。また、JA金融窓口や外勤職員にも常日頃から着用してもらうことで、白神ねぎ生産者の応援並びに、白神ねぎの動く広告塔としてその名を広く周知してもらいたい」と話す。

 

白神ネギのマークが入ったマスクでPRする職員



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ