【あきた白神】ウォーキングを通して健康づくり2018年7月8日

 JAあきた白神は8日、健康寿命100歳プロジェクトの一環として、ノルディックウォーキングを開催した。
 今年で4回目となるウォーキングイベントには管内外から約30人が参加。北秋田市の秋田県立北欧の杜公園のウォーキングコースを約1時間かけてを歩いた。
 この日は、白神ノルディックウォーキング倶楽部会長の佐々木昇氏と高橋則子氏がウォーキング指導や公園内の案内にあたった。参加者らは、ノルディックウォーキング用のポールを使いながら、広大な北欧の杜公園のコースを軽快なウォーキングで気持ちのいい汗を流した。
 参加者からは「ただ歩くだけでなく、周辺の植物の説明などもあったので楽しく歩くことができた」、「昨年に引き続き参加した。他の参加者とも話ができ、楽しく汗を流せた」といった声が聞かれた。

 

北欧の杜公園を歩く参加者

北欧の杜公園を歩く参加者

 



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ