【あきた白神】冬期野菜栽培オンデマンド型講習会初開催2021年2月15日

 JAあきた白神は、同JA広報誌「しらかみ」2月号とJAホームページを通じて、冬期野菜栽培講習会のオンデマンド配信に力を入れている。JA青果物生産振興連絡協議会では毎年2日間、農家所得の増大を目的に農閑期に野菜栽培知識の習得やスキルアップのため、講習会を開催。安定した複合経営につなげている。

 参加人数は年々増加傾向にあり、100人以上の生産者と農業法人が参加する人気の高い講習会の一つだ。新型コロナウイルスの収束が見えないことから、今年度の開催については、密を回避するため、オンデマンド配信に切り替えた。JA営農企画課の佐藤重樹課長補佐は「毎年開催している講習会だが、近年、新規就農者が増加傾向にあり、若年層から熟練の生産者まで幅広く受講頂き、技術が研さんされ続けている結果が産地の拡大に繋がっている。この勢いをコロナ禍の影響で止めたくなかった」と話す。

 オンデマンド型講習会を企画した同課では、開催に向けて行政をはじめ、各関係機関に主旨を説明し協力を求めてきた。動画はネギの軟腐病対策や品種の特性、直売向け野菜の各種栽培方法など10分から15分程度の動画が12個の演題ごとに分かれており、資料等に基づき丁寧に説明されている。

 動画を視聴するには、同JAホームページにアクセスし視聴希望する講習内容をクリックするか、2月15日発行のJA広報誌「しらかみ」に印字されている講習ごとのQRコードを読み取ることで視聴ができる。それぞれの資料もダウンロード可能だ。

 JAでは、インターネット環境を持っていない農家組合員や、操作が不得意な方については、JA事業所内で新型コロナウイルス対策を万全にした上で視聴できる態勢を整えた。3月31日まで随時視聴可能としている。
 佐藤和芳営農部長は「これまでご参加頂いている方も、初めて参加される方もこれを機会に是非とも動画をご視聴頂き更なる栽培技術の研さんに励んで頂ければと思う」と話す。

 

タブレット端末でオンデマンド型講習会をPRする営農指導員



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ