【あきた白神】安心・安全な白神ねぎに感謝状届く2019年11月6日

 JAあきた白神は名古屋市中央卸売市場へ多年にわたり、高品質な白神ねぎを出荷し続け名古屋市民の食生活の安定と向上に貢献したとして、河村たかし名古屋市長より感謝状が送られた。
 感謝状贈呈式を11月6日、JAあきた白神本店組合長室で行った。同日は名古屋市長より書状を預かり来組した、丸協青果株式会社の早瀬行正代表取締役社長が、組合長に感謝の意を伝え手渡した。
 JAあきた白神では、関東近郊を中心に、白神ねぎを年間およそ3,000トン出荷しているが、中京圏へも年間およそ400トン、販売額にして1.4億円相当の白神ねぎを出荷しており、佐藤組合長は今後も、安心安全な白神ねぎを提供することを固く約束した。

 

㊨賞状を受け取る佐藤謙悦組合長、㊧賞状を渡す早瀬代表取締役社長



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ