【かづの】収穫を前に管内研修秋田紅あかり2018年10月26日

 JAかづの秋田紅あかり出荷協議会は10月26日、管内2ヶ所で現在の生育状況や果実品質を確認する、管内現地研修会を開いた。28人の生産者が参加。りんごが赤く色づいた園地で、収穫直前の管理を確認した。
 かづの管内の秋田紅あかりの生育は、肥大が順調に進んでいるものの、硬度の低下が心配されている。食味については、早い時期から酸度が抜けており、今年も酸味が少なく、甘さが際立つりんごが期待される。
 収穫は平年より若干早まると予想されている。概ね11月初旬頃からの収穫を見込む。

 

大きく赤い果実がたわわに実る

大きく赤い果実がたわわに実る



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ