【秋田おばこ】地域の食文化継承や食農教育へ・ぽぽっと教室始まる2020年9月9日

 JA秋田おばこは9月から、伝統食や旬の農産物を使った料理を学ぶ「ぽぽっと教室」を開講した。JAのファーマーズマーケット等複合施設「しゅしゅえっとまるしぇ」内の「食育キッチンぽぽっと」を会場に、全4コースで4~6回ずつ開催。管内に昔から伝わる食文化の継承や、JAや地場産農産物のファン作りにつながることを期待している。
 
 教室は、2017年度から開催。4年目を迎えた20年度は、管内の伝統食を作る「寒天料理教室」「伝統料理教室」と、旬の農産物を使った「季節のおもてなし料理教室」、小学生までの子どもと保護者を対象とした「野菜ソムリエの親子料理教室」を開設。講師は組合員や管内在住の料理研究家に依頼した。広報誌やJA施設への掲示などで地域住民に広く周知し、延べ100人の参加者が集まった。

 
 9月9日には、寒天料理教室を開催。寒天名人として活躍する照井律さんが講師を務め、管内の特産品であるエダマメを使った枝豆寒天と、牛乳寒天を作った。参加者は、寒天を使う際のポイントやきれいな見た目に仕上げるこつなどを学びながら、和気あいあいと料理を楽しんだ。

 

寒天作りを楽しむ受講生ら



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ