【秋田おばこ】手作りみその仕込みに挑戦・フレッシュ部会Mature講座で2021年1月23日

 JA秋田おばこ女性部フレッシュ部会Mature(マチュール)は1月23日、みそ作り講座を大仙市で開催した。部員やその子どもら10人が参加し、持ち寄った大豆を使い手作業でみそを仕込んだ。

 部員らは、仕込み容器の殺菌やこうじに塩を混ぜる作業を行った後、あらかじめ軟らかく煮込んでおいた大豆400㌘を袋に入れて、手やすりこ木などを使い力強くつぶした。塩を混ぜたこうじと合わせ、空気を抜きながら容器へ詰めていき、カビが生えないようにラップで表面を覆いふたを閉じた。仕込んだみそは各自で約6~8か月保管する。

今回の講座を2021年度の活動につなげ、「みそボール」作りなどに活用する予定だ。

 

力を入れて大豆をつぶす部員親子



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ