【秋田たかのす】『ちゃぐりん』読み聞かせ2021年1月25日

 JA秋田たかのす女性部七日市支部は1月25日、北秋田市立南小学校の3、4年生12人を対象に、家の光協会が発行する児童向け雑誌『ちゃぐりん』の読み聞かせ学習会を行った。

 同支部では、「クローバーZ」と呼ばれる部員からなる読み聞かせボランティアが2010年から同校の児童らに『ちゃぐりん』に掲載された記事を活用した食農教育を実施。昨年11月からは毎週月曜日に読み聞かせを行い、食の大切や物語に浸る楽しさを伝えている。

 同日、同支部副部長の佐藤江利子さんが11月号に掲載されている『ちゃぐりんショートストーリ・カスタネットの育て方』を気持ちのこもった朗読で読み聞かせ、児童らは声を上げて笑ったりして楽しんだ。読み聞かせを行った部員は「生き物や食に関する情報がたくさん載っているので、農業に興味を持つきっかけになれば」と話した。

 

読み聞かせを行う女性部員



>>JAニュース一覧へ戻る

ページトップへ