【秋田】県1JAに向けて・JAグループ秋田組織再編協議会設立総会2019年7月11日

 JA秋田中央会は7月11日、JAグループ秋田組織再編協議会の設立総会を秋田市のJAビルで開きました。県内13JAの組合長、連合会役員、秋田県農林水産部長などが出席。「秋田県1JA」の実現を目指し、本格的な協議・検討を進めます。

 総会では、県1JA基本構想に盛り込む検討素案の骨子が示され、盤石な経営基盤のもと、農業者の所得増大と農業生産拡大のための施策に取り組むことや、スケールメリットの創出による農産物販売強化や秋田ブランド確立のほか、組合員の意思反映のための協議体のあり方などについて検討・協議していくことを説明しました。

 協議会会長に就任した船木耕太郎会長は「皆さんから賛成していただけるような構想をまとめて、5年後1JAが誕生できるよう対応していきたい」と話しました。

 4月には本協議会設立に先立ちJAグループ秋田再編協議会事務局が設置されています。今後は次年度以降各JAの経営計画に反映するよう、各JAが組織再編に取り組むべき目標を年度内に策定、提示する他、県1JA基本構想(検討素案)の策定に取り組みます。

 

あいさつする船木会長

あいさつする船木会長

 



>>新着情報一覧へ戻る

ページトップへ