【秋田おばこ】1次産業仲間の漁業を応援、直売施設で真珠ガチャ開催2021年4月5日

 JA秋田おばこのファーマーズマーケット等複合施設「しゅしゅえっとまるしぇ」は全国で人気が急上昇している真珠アクセサリーのカプセル販売機「あこや真珠ガチャ」を直売施設内に設置している。1回1000円で、愛媛県宇和海産の真珠を使ったネックレスやピアスなどが外れ無しで手に入る。

 「あこや真珠ガチャ」は、2020年に発生したアコヤ貝大量死がきっかけとなり誕生した。全国一の真珠産地である宇和海は特に深刻な被害を受けたことから、養殖に関わる人を応援し、暗いニュースを払しょくして年齢・性別を問わず真珠の魅力を知ってもらおうと、同県の宇和海真珠株式会社が販売を開始した。本物の国産真珠を手軽に購入できるとあって人気が広まり、全国で設置が増えている。

 同施設では、コロナ禍で打撃を受けた生産者を支援しようと定期的に農産物の応援販売を実施しており、1次産業を営む仲間としてこの取り組みに共感。これまでも、秋田県漁協や東日本大震災で被災した宮城・岩手県の水産加工業者などと提携し、魚介類や加工品の販売会を開催して農業と漁業をつなぐ交流を行ってきたこともあり、少しでも支援になればと設置を決めた。

 県内JAでは初めての設置で、県全体でも秋田市の市民市場に続き2例目だ。同施設のインスタグラムやツイッターなどで設置を周知したところ、初日から女性や家族連れを中心に来店客の人気を集め、販売ブース前は賑わいを見せた。同施設担当者は、「来店客に楽しんでもらうことが産地支援につながる。少しでも力になることができれば嬉しい」と話した。

 

真珠アクセサリーを手に喜ぶ子ども



>>新着情報一覧へ戻る

ページトップへ