【秋田なまはげ】トラクター公道走行・条件確認を・田植え機実演も注目2020年11月5日

 JA秋田なまはげくみあい機械部会は11月5日、農機具実演安全講習会を払戸農機センターで開いた。生産者ら約30人が参加。農作業事故の発生状況や作業機を装着したトラクターが公道走行するときの注意点などを学び、安全な農作業を行うための意識を高めた。

 作業機付きトラクターで公道を走行した際の違反例が県内でも発生していることを受け、関連する法令や免許区分、使用するトラクターの条件などを確認した。参加した生産者からは、標識の提示方法や通行許可の申請などについて質問が上がった。
 
 メーカー3社によってGPSを活用したアシスト機能付き田植え機の実演も行われ、参加者の注目を集めた。

 

GPSを活用した田植え機の実演



>>新着情報一覧へ戻る

ページトップへ